海外FX

Titan FXの評価|評判・安全性について(タイタンFX)

投稿日:2018年6月10日 更新日:

この記事では、海外FX業者「Titan FX」について、取引条件以外にも「安全性」「信頼性」「トラブルの有無」など、さまざまな視点から総合的に解説していきたいと思います。

Titan FXは、その他の大手海外FX業者と肩を並べる日本人トレーダーに人気の業者です。

他社と比較した場合、AXIORY(アキシオリー)とよく似た特徴を持っており、短期売買・MT4を使った自動売買に適しています。

しかし、信頼性・安全性の面が他社より劣り、一部サービスを縮小しているものがあるなど、将来的に不安な要素が多いため注意が必要です。

そのため、数百万円の資金をつぎ込んだ本格的なトレードには適しません。

海外FX業者については情報量が少なく、偏った紹介のされ方や断定的な批判も多いため、「安全性」「信頼性」「トラブルの有無」「口座開設・入出金方法」にも焦点を当て、総合的に評価していきたいと思います。

Titan FXの安全性

金融ライセンスは所有していない

運営会社
(所在地)
Titan FX Ltd.
(ニュージーランド)
代表者 不明
金融ライセンス 未登録
設立 2014年
資本金 不明

まずは、重要な「企業の安全性」について確認しましょう。

Titan FXは、世界各国にサービスデスクやデータセンターを設置しているグローバル企業です。

しかし、日本人口座を管理する、「Titan FX Ltd.」は法人登録はしていますが、金融ライセンスは所有していません。

厳密に言うと、2017年7月18日にニュージーランドの金融ライセンス登録が解除(Deregistered)されているため、現在は無登録業者です。(2018年6月時点)

海外FX業者への金融ライセンス取得条件は年々厳しくなってきていますので、信頼できるライセンスを取得し、規制当局からしっかり監督を受けている業者はとても限られてきています。

Titan FX公式サイトでは、登録について次のように記載されています。

Titan FXは、機関投資家及び小規模ブローカー向けにリクイディティを提供するTitan FX NZ(ニュージーランド)、グローバルマーケットにリテールブローカー業務を提供するTitan FX SVG(セントビンセント・グレナディーン)を含む、グループ関連会社により構成されています。また、Titan FX は、グループが登録されている国のすべての法律および規制に準拠しています。

出典:Titan FX公式サイトFAQ

そして、その登録番号はこちら。

パッと見は金融ライセンスを取得しているようにも見えますが、これはあくまで法人登録です。

日本人向けには、以下の「NEW ZEALAND COMPANIES OFFICE」への法人登録によってサービスが提供されています。

その他の拠点は、クライアントのサポートデスクやバックオフィスがアメリカ(ダラス)とニュージーランド(オークランド)に設置されており、24時間サポートを実現しています。

また、取引サーバーをアメリカ(ニューヨーク)のEquinix NY4 金融データセンター内に設置、プラットフォーム開発はアメリカ(ボストン)です。

金融都市であるインド(ムンバイ)、イギリス(ロンドン)に、市場分析・金融テクノロジー開発の拠点を設置しています。

 

顧客資産は分別管理のみ

Titan FXでは信託保全は採用されていません。

そのため、万が一、Titan FXが破綻した場合は顧客資産返還の保証はありません。

しかし、顧客の資産はTitan FX事業資金とは完全に切り離された、NAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理されています。

NABはオーストラリアの主要な証券保管銀行でもあり、資産金額は6000億ドルを超える大手優良銀行なので、この点については安心できます。

 

日本の金融庁から警告あり

海外FX業者に対する日本政府の風当たりは厳しく、優良業者・悪質業者構わず、警告が出されています。

この警告が出される条件は次の通りで、公式サイトやサポートデスクが日本語に対応しているだけでも「勧誘をしている」に該当してしまうようです。

「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

Titan FXも例外ではなく、平成27年8月に「インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの」として警告を受けています。

しかし、Titan FXの主張として「日本語公式サイトは海外在住の日本人向けのサービスだし、顧客からの問い合わせが来たから、日本語が話せるスタッフが応じているだけですよ」とすれば違法ではありません。

しかし、金融庁は2014年にオーストラリアのASIC(オーストラリア証券投資委員会)に働きかけて、日本人に人気の海外FX業者「pepper stone(ペッパーストーン)」を日本から撤退させています。

口座閉鎖の際には、保有ポジションは全て強制決済となりました。

この当時はちょうど、2011年のレバレッジ25倍規制の影響によって、国内トレーダーがより良い条件の海外FX業者に流れていた時期と一致します。

実はTitan FXは、このpepper stone出身者が立ち上げた新興業者。

さらに、これも金融庁の働きかけと言われているのですが、以前は海外FX業者との入出金に利用できた一部のWEBマネーやビットコインが日本在住者に限っては使えなくなりました(後述)。

Titan FXは潜在的にいろいろと悪い条件を持っている事と、さまざまな方面からの規制が表面化しつつある業者です。

万が一のことを考えて、長期のポジショントレードは控えたほうが良いかと思われます。

 

Titan FXの口コミ・評判

Titan FXについての口コミ・評判を一部見ていきましょう。

口コミ・評判の信ぴょう性について

トラブルを起こすトレーダーや悪い評判を流すトレーダーの中には、「詐欺を企てて失敗をしたトレーダー」「大きな損失を出したトレーダー」「うっぷんを晴らしたいトレーダー」「ルールを守る気がないためサポート対象外のトレーダー」もいるので注意してください。

 

国内ではサブ口座として利用している人が多い

Titan FXについての口コミ

直近の口コミを見てみると、全体的に高評価または他社と併用し検証している人が多く、トラブルについての報告はありませんでした。(2018年6月時点)

MT4が使えるだけあり、自動売買をしている人が多い印象です。

他社と比較したメリットとして、スリッページの少なさ、約定力の高さ、損切りポイントを現在価格から0ポイントに設定できる点などを高く評価している人もいます。

しかし、NDD方式について懐疑的なコメントもあるので注意が必要です。

 

FPAの評価はないが気になる悪評あり

「FPA(Forex Peace Army)」はあくまで掲示板です。レート、投稿内容、要注意業者の「SCAM」認定などは、一切の保証されたものではありません。

Titan FXは設立間もない業者なので、海外最大級のFX掲示板「FPA(Forex Peace Army)」での評価は「NO RATING」です。

しかし、「SCAM(詐欺)」という言葉が使われ、先ほどの「金融庁の警告の有無」で述べた内容についての辛辣なコメントが1件だけありました。

pepper stoneで失った日本人顧客を、新たに立ち上げたTitan FXに取り込んだだけの詐欺ブローカーとのこと。

結果的にはpepper stoneからTitan FXに日本人トレーダーが移ったのは事実ですが、詐欺という表現には個人的感情が含まれている可能性があります。

 

Titan FXの特徴・メリット・デメリット

スタンダード口座 ブレード口座
取引コスト 口座開設維持手数料 無料
取引手数料 無料 片道3.5ドル
(10万通貨あたり)
スプレッド 変動制
取引条件 取引形態 NDD STP方式 NDD ECN方式
レバレッジ 最大500倍
通貨ペア クロス円:11銘柄
クロスカレンシー:46銘柄
最小取引単位 1,000通貨
最大取引数量
(1注文あたり)
10,000,000通貨
注文方法 ワンクリック、成行、指値・逆指値
IFD、OCO、IFO
両建て
取引ツール パソコン MT4(Windows・Mac)
Titan FX ウェブトレーダー(汎用)
スマホアプリ MT4(iOS・Android)
資金管理 マージンコール 90%
ロスカット 20%
ゼロカット
入出金 入金手数料 無料※
出金手数料
資産保護 分別管理
信託保全 ×
サポート コールセンター
(日本語対応)
メールサポート
ライブチャット
その他
デモ口座

※入出金方法によっては、別途手数料が発生します。

Titan FXのメリット

  • 取引コストが安い

  • MT4が利用でき、自動売買も可能

  • ウェブトレーダーはテクニカルを109種類搭載

  • 取引形態は透明性が高いNDD方式を採用

  • 日本語サポートが高品質

  • ライブチャットは平日24時間対応

  • ゼロカットシステムを採用

Titan FXのデメリット

  • 信託保全なし

  • 金融ライセンスなし(無登録)

  • 初回入金額は200USD相当額

  • キャンペーン・ボーナス制度なし

 

基本的な取引スペックは非常に高い

Titan FXは取引制限がないため、スキャルピング・デイトレード・自動売買に特化した業者です。

海外FX業者で不安なカスタマーサポートについても、公式サイト・コールセンター・メール・ライブチャット全て日本語対応です。

特に、ライブチャットの平日24時間対応は非常に便利。

口座の種類は、取引手数料が無料で一般的なスプレッドのスタンダード口座と、取引手数料がある代わりに狭いスプレッドのブレード口座の2種類があります。

どちらも取引形態はNDD方式なので透明性の高い取引ができます。

また、ニューヨークにあるEQUINIX社のサーバーとTitan FX Zero Point技術によって、スプレッド・約定力・スリッページの頻度もなかなか好条件です。

 

取引ツールは、世界的に評価の高い高機能ツール「MT4(MetaQuotes社)」またはTitan FX独自のブラウザツール「ウェブトレーダー(Chart IQ社)」の2種類です。どちらもデモ口座で使えます。

 

最少取引単位は少額の1,000通貨から始められ、通貨ペアは海外FX業者の中では一般的で、クロス円が11種類・クロスカレンシーが47種類です。

ただ、初回入金に限っては200ドル相当額が必要、キャンペーン・ボーナス制度も一切ありません。

しかし、これはそこまで重要な問題ではないでしょう。

 

資金を預けるには根本的な不安がある

ここまでは非常に好条件な取引業者なのですが、やはり肝心の会社の信頼性・安全性についての不安があります。

「金融ライセンスを所有していないこと」「信託保全を採用していないこと」

取引条件は良くサポートもしっかりしているのですが、この2点は見過ごせません。

高額の資金を投じて本格的に取引をするにはリスクが非常に高いため、メインの取引口座ではなく、「サブ口座のうちの一つ」程度の利用に留めた方が良いかと思われます。

 

Titan FXの口座開設から入出金までの手順

口座開設に必要な書類は3パターン

口座開設・入金に必要となる書類はありませんが、出金リクエストを出すためには、次の本人確認書類をクライアントキャビネットからアップロードする必要があります。

出金ができなければ意味がありませんので、この本人確認書類の承認が完了するまでは入金をしてはいけません。

これはトラブルに発展する可能性の高いポイントなので、十分気をつけてください。

本人確認書類は次の3パターンがあります。

パターン①

運転免許証+健康保険証の画像

パターン②

以下の写真付身分証明証のうちいずれか2点の画像

  • パスポート
  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • 写真付住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

パターン③

写真付身分証明書+住所確認書類の画像※

※住所確認書類は、3か月以内に発行された公共料金の領収証や銀行明細書でも受付可能です。

必要書類が準備できたら、TitanFX公式サイトより口座開設に進みましょう。

手順は以下の通り、非常に簡単です。

口座開設の流れ

①公式サイトTOPから進む

 

②個人情報を入力します。個人情報は全て英字で入力してください。郵便番号にハイフンは不要です。

 

③秘密の質問を設定します。

 

④クライアントキャビネットのパスワードを設定します(クライアントキャビネットとはマイページのこと)。取引ツールのログインパスワードとは異なります。

 

⑤口座タイプを「スタンダード・ブレード」、口座基本通貨を「日本円・米ドル・ユーロ・SGドル・豪ドル」、レバレッジを「1倍、25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍」から選択します。

ここで設定した取引プラットフォーム・口座タイプ・レバレッジ・口座基本通貨は、入金後は変更できませんが、後から6つまで口座を追加できるので特に問題ありません。

 

⑥利用規約、リスク、「私はロボットではありません」にチェックします。これで、口座開設完了です。以下の3つのメールが登録メールアドレス宛に届きます。

 

⑦クライアントキャビネットへのリンクです。

 

⑧「MT4口座開設」ボタンを押せば、自動的にクライアントキャビネットに取引口座が一つ作成されます。

 

⑨取引口座の「口座番号、パスワード、サーバー」もメールで届きます。

 

入出金方法は一般的だが他社から直接資金移動可能

入出金方法 手数料
入金 クレジットカード
デビットカード
無料
銀行送金 国内 無料
金融機関所定の送金手数料負担
海外
WEBマネー mybitwallet 無料
ブローカー間資金移動 無料
他社で別途手数料かかる場合あり
出金 クレジットカード
デビットカード
無料
銀行送金 海外 20AUD相当額
WEBマネー mybitwallet 無料
WEBマネー会社の手数料負担

初回入金額は200USD相当額です。国内銀行送金による50,000円未満の入金には、手数料1,000円が発生します。また、国内銀行送金が可能なのは入金のみです。

以前、利用可能だった「ビットコイン・NETELLER・Skrill」を使った入出金は、現在、日本在住者は利用できないので注意してください。

入出金可能な通貨は「日本円・米ドル・ユーロ・豪ドル・SGドル」です。

入出金は、「クレジットカード・デビットカードを使った入出金」、または「三井住友銀行口座への国内送金で入金しmybitwalletで出金する」という2つの方法が最も手数料がお得で口座反映までもスピーディーです。

海外銀行送金を使った入出金だと、手数料が割高で時間もかかります。

クレジットカード・デビットカードの手数料は無料、mybitwalletの手数料は海外送金に比べかなりお得、口座反映時間もTitan FXの営業日であればどちらも1時間程度で済みます。

クレジットカードを使った入出金の仕組み

まず、クレジットカードでの入金は、ショッピング枠を利用します。

クレジットカードでTitan FXに入金するということは「カード会社に負債を作り」「Titan FX口座の残高が同額増える」ということです。

その後、カード会社の締め日までに出金をした場合は、優先的にカード会社の負債が出金額に応じて「キャンセル」扱いとなります。

「入金額<出金額」の場合は、負債全額が「キャンセル扱い」となるため、カード会社からの請求はありません。

次に、入金後にカード会社の締め日を過ぎた場合は、一旦はカード会社所定の引落日に引落しが実行されます。

その後は、出金をする度に優先的にカード会社のショッピング履歴が「キャンセル扱い」となるため、出金額に応じてカード会社からマイナス請求(返金)されます。

いずれもの場合も、クレジットカード入金額以上の出金は、現金として指定銀行口座に振込まれるという仕組みです。

また、ブローカー間資金移動(B2B)を使えば、別のFX業者からTitan FXの取引口座への直接資金移動させることもできます。

B2B対応の主なFX業者

ただし、Titan FXでは手数料無料ですが、移動元FX業者と金融機関によっては手数料が発生する場合があります。

特に、国内FX業者からの資金移動には海外送金手数料が発生するので注意してください。

入出金の手順は以下の通りです。

入出金の手順

クライアントキャビネット「入金・出金・資金移動」のメニューを選択します。

 

入金メニュー:入金方法を赤枠の中から選択

 

出金メニュー:出金方法を赤枠の中から選択します。

入金の手続画面は次の通りです。

(出金の手続画面もほぼ同様)

 

クレジットカード・デビットカードの場合

入金先MT4口座・金額・カード情報を入力し、送金ボタンを押します。入金額は、口座のベース通貨を単位として入力してください。

 

国内銀行送金の場合

上記の三井住友銀行口座宛にネットバンキングなどから送金します。追加情報(MT4口座番号・ローマ字氏名)の指定を忘れないように注意してください。

 

海外銀行送金の場合

USDの場合、上記の口座宛に金融機関から送金します。 追加情報(SWIFTコード・住所・MT4口座番号)の指定を忘れないように注意してください。通貨ごとに送金先銀行口座は異なります。

 

mybitwalletの場合

入金先MT4口座・金額を入力し送金ボタンを押します。mybitwalletのウォレット口座通貨は、現在JPYのみです。JPY以外の通貨の入金は、自動的にJPYに換金されmybitwalletに課金されます。

 

Titan FXの取引条件とルール

通貨ペアは全57種類と一般的

クロス円クロスカレンシー
AUD/JPY NZD/JPY
CAD/JPY SEK/JPY
CHF/JPY SGD/JPY
EUR/JPY USD/JPY
GBP/JPY ZAR/JPY
NOK/JPY
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ 、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

AUD/CAD GBP/NOK
AUD/CHF GBP/NZD
AUD/NZD GBP/SEK
AUD/SGD GBP/SGD
AUD/USD GBP/TRY
CAD/CHF GBP/USD
CHF/SGD NOK/SEK
EUR/AUD NZD/CAD
EUR/CAD NZD/CHF
EUR/CHF NZD/USD
EUR/CZK USD/CAD
EUR/GBP USD/CHF
EUR/NOK USD/CNH
EUR/NZD USD/CZK
EUR/PLN USD/MXN
EUR/SEK USD/NOK
EUR/SGD USD/PLN
EUR/TRY USD/RUB
EUR/USD USD/SEK
EUR/ZAR USD/SGD
GBP/AUD USD/THB
GBP/CAD USD/TRY
GBP/CHF USD/ZAR
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ 、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

通貨ペアは口座の種類に限らず、クロス円が11銘柄、クロスカレンシーが46銘柄、取引単位は1,000通貨(0.01Lot)からです。

ラインナップはAXIORYとほぼ同じですが、Titan FXではTRY/JPYの取扱いがないので注意してください。(TRYの取扱い自体はあります。)

 

トータルコストの安さは業界トップクラス

スタンダード口座

クロス円クロスカレンシー
通貨ペア 平均スプレッド
(pips)
通貨ペア 平均スプレッド
(pips)
AUD/JPY 2.12 NZD/JPY 2.62
CAD/JPY 2.1 SEK/JPY 3.05
CHF/JPY 2.31 SGD/JPY 3.16
EUR/JPY 1.74 USD/JPY 1.33
GBP/JPY 2.45 ZAR/JPY 1.44
NOK/JPY 2.07
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ 、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

通貨ペア 平均スプレッド
(pips)
通貨ペア 平均スプレッド
(pips)
AUD/CAD 2.51 GBP/NOK 87.57
AUD/CHF 2.41 GBP/NZD 5.81
AUD/NZD 3.03 GBP/SEK 57.73
AUD/SGD 3.55 GBP/SGD 6.48
AUD/USD 1.52 GBP/TRY 27.43
CAD/CHF 2.64 GBP/USD 1.57
CHF/SGD 5.95 NOK/SEK 2.49
EUR/AUD 2.75 NZD/CAD 4.24
EUR/CAD 1.1-2.4 NZD/CHF 3.99
EUR/CHF 2.04 NZD/USD 1.86
EUR/CZK 13.53 USD/CAD 1.55
EUR/GBP 1.53 USD/CHF 1.92
EUR/NOK 70.02 USD/CNH 9.28
EUR/NZD 4.69 USD/CZK 61.8
EUR/PLN 21.31 USD/MXN 4.52
EUR/SEK 30.73 USD/NOK 41.47
EUR/SGD 5.18 USD/PLN 3.24
EUR/TRY 26.92 USD/RUB 801
EUR/USD 1.2 USD/SEK 29.25
EUR/ZAR 8.01 USD/SGD 3.37
GBP/AUD 3.94 USD/THB 3.22
GBP/CAD 3.86 USD/TRY 11.57
GBP/CHF 3.32 USD/ZAR 36.69
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ 、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

ブレード口座

クロス円クロスカレンシー
通貨ペア 平均スプレッド
(pips)
通貨ペア 平均スプレッド
(pips)
AUD/JPY 1.12 NZD/JPY 1.62
CAD/JPY 1.1 SEK/JPY 2.05
CHF/JPY 1.31 SGD/JPY 2.16
EUR/JPY 0.74 USD/JPY 0.33
GBP/JPY 1.45 ZAR/JPY 0.44
NOK/JPY 1.07
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ 、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

通貨ペア 平均スプレッド
(pips)
通貨ペア 平均スプレッド
(pips)
AUD/CAD 1.51 GBP/NOK 86.57
AUD/CHF 1.41 GBP/NZD 4.81
AUD/NZD 2.03 GBP/SEK 56.73
AUD/SGD 2.55 GBP/SGD 5.48
AUD/USD 0.52 GBP/TRY 26.43
CAD/CHF 1.64 GBP/USD 0.57
CHF/SGD 4.95 NOK/SEK 1.49
EUR/AUD 1.75 NZD/CAD 3.24
EUR/CAD 2.4 NZD/CHF 2.99
EUR/CHF 1.04 NZD/USD 0.86
EUR/CZK 12.53 USD/CAD 0.55
EUR/GBP 0.53 USD/CHF 0.92
EUR/NOK 70.02 USD/CNH 8.28
EUR/NZD 3.69 USD/CZK 60.8
EUR/PLN 20.31 USD/MXN 3.52
EUR/SEK 29.73 USD/NOK 40.47
EUR/SGD 4.18 USD/PLN 2.24
EUR/TRY 25.92 USD/RUB 800
EUR/USD 0.2 USD/SEK 28.25
EUR/ZAR 7.01 USD/SGD 2.37
GBP/AUD 2.94 USD/THB 2.22
GBP/CAD 2.86 USD/TRY 10.57
GBP/CHF 2.32 USD/ZAR 35.69
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ 、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

上記の表は、Titan FXで公表されている各通貨ペアの平均スプレッドです。

スタンダード口座のスプレッドは広く取引手数料無料ブレード口座のスプレッドはかなり狭いのですが取引手数料が片道3.5ドル(1Lot=100,000通貨あたり)発生します。

実際のスプレッドを、他の代表的な海外FX業者と比較して見ましょう。

titan FX XM AXIORY iFOREX
スタンダード ブレード スタンダード Zero スタンダード ナノ
USD/JPY 1.1 0.3 1.7 0.1 1.3 0.3 0.9
EUR/JPY 1.3 0.6 2.5 0.6 1.4 0.4 1.3
GBP/JPY 2.0 1.0 3.0 0.4 1.8 0.8 2.5
EUR/USD 1.2 0.2 1.8 0.2 1.2 0.2 0.9

2018年6月4日時点のスプレッド

これを、取引手数料(往復)も含めて計算すると、結果は次のようになります。

titan FX XM AXIORY iFOREX
スタンダード ブレード スタンダード Zero スタンダード ナノ
取引手数料
(片道)
無料 3.5ドル 無料 5ドル 無料 3ドル 無料
USD/JPY 110円 107円 170円 120円 130円 96円 90円
EUR/JPY 130円 137円 250円 170円 140円 106円 130円
GBP/JPY 200円 177円 300円 150円 180円 146円 250円
EUR/USD 120円 97円 180円 130円 120円 86円 90円

1万通貨あたりの取引コスト(スプレッドコスト+往復手数料)。取引手数料は10万通貨あたりの金額表示(片道)、円換算には1ドル110円で計算しています。

このように、Titan FXはAXIORYと同じくらい取引コストが安い業者ということが分かりますね。

 

通貨ペアによってはスワップがかなり高い

買スワップランキング売スワップランキング
通貨ペア ロング
(円)
ショート
(円)
1位 USD/NOK 85 -331
2位 USD/CHF 67 -110
3位 USD/SEK 50 -92
4位 AUD/CHF 49 -83
5位 NZD/CHF 47 -79
6位 CAD/CHF 41 -74
7位 GBP/CHF 33 -91
8位 USD/CZK 30 -82
9位 USD/JPY 29 -91
10位 AUD/JPY 25 -60
11位 NZD/JPY 25 -56
12位 CAD/JPY 16 -50
13位 SGD/JPY 16 -59
14位 GBP/SEK 14 -71
15位 ZAR/JPY 13 -18
16位 NZD/CAD 3 -32
17位 NOK/SEK 2 -8
18位 AUD/CAD 1 -34
19位 NOK/JPY 0 -5
20位 USD/CAD 0 -49
21位 EUR/CHF -1 -50
22位 SEK/JPY -4 -1
23位 USD/SGD -4 -41
24位 AUD/SGD -8 -33
25位 AUD/NZD -9 -22
26位 USD/PLN -12 -32
27位 NZD/USD -13 -31
28位 GBP/JPY -14 -68
29位 EUR/SEK -18 -32
30位 AUD/USD -26 -40
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ 、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

通貨ペア ロング
(円)
ショート
(円)
1位 GBP/TRY -723 548
2位 EUR/TRY -690 495
3位 USD/TRY -516 356
4位 EUR/ZAR -295 197
5位 USD/MXN -223 146
6位 USD/ZAR -178 107
7位 USD/RUB -204 78
8位 EUR/USD -93 42
9位 EUR/NZD -90 41
10位 EUR/PLN -91 39
11位 EUR/AUD -89 38
12位 CHF/SGD -85 36
13位 EUR/CAD -73 26
14位 EUR/SGD -89 26
15位 GBP/NZD -69 13
16位 GBP/USD -75 10
17位 GBP/AUD -67 9
18位 EUR/NOK -59 8
19位 SEK/JPY -4 -1
20位 CHF/JPY -41 -4
21位 GBP/SGD -68 -5
22位 NOK/JPY 0 -5
23位 GBP/CAD -51 -6
24位 USD/CNH -39 -6
25位 EUR/GBP -42 -8
26位 NOK/SEK 2 -8
27位 EUR/JPY -33 -17
28位 ZAR/JPY 13 -18
29位 EUR/CZK -44 -19
30位 AUD/NZD -9 -22
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ 、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

2018年5月30日の1万通貨あたりのスワップ(円)です。外貨建ては、ブルームバーグより配信された実勢レートをもとに円換算し、端数は切捨てしています。実際に付与されたスワップとは多少異なるので注意してください。

Titan FXでは、高金利通貨ペアTRY/JPYの取扱いがありません。

しかし、TRYとその他の低金利通貨との通貨ペアがいくつもあり、売スワップの上位を占めています。

iFOREXと肩を並べるほど付与額の高い通貨ペアがありますが、全体的にマイナススワップも多い印象です。

 

ゼロカット採用・追証なし

Titan FXのマージンコールは証拠金維持率90%ロスカットは証拠金維持率20%です。

また、ゼロカットシステムにも対応しています。

相場の急激な変動によりロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになった場合でも、追証・追加入金は必要なく、口座残高はゼロにリセットされます。

この点も、AXIORYとほぼ同じシステムです。

ただし、リセットは1口座ごとではなく1名義ごとに適用されます。クライアントキャビネット内に残高がプラスの口座が複数ある場合、他の口座からマイナス口座へ資金を移動させる必要があるので注意してください。

また、アービトラージや不正行為と判断された場合はリセットの対象外となります。

 

Titan FXの取引ツール・アプリ

取引ツール タイプ 対応機種・OS
MT4 ダウンロード型 Windows・Mac
アプリ iOS・Android
ウェブトレーダー ブラウザ型 汎用

 

取引ツールは「MT4」と「ウェブトレーダー」の2種類

取引ツールは「MT4」「ウェブトレーダー」の2種類があり、どちらも日本語表示が可能です。

MT4はダウンロード型、ウェブトレーダーはブラウザ型のツールです。

他社では、ブラウザ型のMT4(MetaQuotes社のウェブトレーダー)を利用できる業者もありますが、Titan FXのウェブトレーダーはMT4のことではなく、HTML5を使った自社ツール(Chart IQ社)で、より直感的な操作を可能にしたものです。

MT4・ウェブトレーダーの主な特徴は次の通りです。

MT4の特徴

  • 世界中で利用されている高機能プラットフォーム
  • EAを使った自動売買が可能
  • ワンクリック注文可能
  • チャートから直接注文が可能
  • 同時表示できるチャートは無制限
  • 市場の注文を確認できる板情報を表示
  • 3種類のチャートタイプ、50種類以上のテクニカル、豊富な描画ツールを搭載
  • 多言語サポートあり

ウェブトレーダーの特徴

  • 必要最低限の機能を搭載したシンプル設計
  • 直感的な操作が可能なフラットデザインを採用
  • ワンクリック注文可能
  • チャートから直接注文可能
  • 最大10チャートを同時表示可能
  • お気に入りの通貨ペアをグループ設定可能
  • 8種類のチャートタイプ、109種類のテクニカル、9種類の描画ツールを搭載
  • 多言語サポートあり

 

MT4は言わずと知れた高機能ツール。

各社で若干異なる部分やクセはあるものの、基本的に使い方は同じです。

Macを利用している人は?

MT4はWindows専用ソフトですが、Titan FXではMac専用インストーラーをダウンロードできるため、Macアプリとして利用できます。

 

一方の「ウェブトレーダー」はTitan FXのオリジナルツール。

シンプルで直感的な操作ができることを売りとされていますが、どの程度の機能を備えているのかもう少し詳しく見ていきましょう。

 

パソコン版「ウェブトレーダー」の特徴

取引画面

メイン画面は非常にシンプルで「プライスボード」「チャート」「ポジション状況・履歴」の3画面構成です。

操作性・表示速度は非常に快適で、全くストレスを感じさせません。

しかし、各画面の配色は一切変更できず、テーマも1種類のみなのでカスタマイズ性はありません。

 

注文画面

注文方法は、ワンクリック、成行、指値・逆指値、IFD、OCO、IFOです。

スリッページ許容幅の設定も可能です。

 

 

プライスボードの価格をクリックすると、ワンクリック注文が可能です。

また、上記のアイコンから個別の注文画面を呼び出せます。

(指値・逆指値は、次に解説するチャート画面上から指定します。)

 

 

チャート

チャートは、画面上部に「チャートタイプの変更」「ワンクリックパネルON/OFF」「時間足の変更」、画面右側に「描画ツール」、チャート上には「ワンクリックパネル」が配置されています。

 

チャート上を右クリックすることで、「指値・逆指値注文」「テクニカル(インディケーター)の追加」が可能です。

 

チャートは、最大10チャート同時表示できます。

チャートの表示設定は「時間足:9種類」「チャートタイプ:8種類」「テクニカル:109種類」「描画ツール:9種類」です。

テクニカルの種類は、Titan FX MT4や他社の取引ツールを上回っています。

時間足チャートタイプテクニカル描画ツール
1分 4時間
5分 1日
15分 1週間
30分 1ヶ月
1時間
バー 色付きバー
ローソク足
ライン ベースラインデルタ
ボリュームロウソク足
Accumulation/Distribution Highest High Value QStick
Accumulative Swing Index Historical Volatility Rainbow Moving Average
ADX/DMS Ichimoku Clouds Rainbow Oscillator
Alligator Intraday Momentum Index Random Walk Index
Aroon Keltner Channel RAVI
Aroon Oscillator Klinger Volume Oscillator Relative Vigor Index
ATR Bands Linear Reg Forecast Relative Volatility
ATR Trailing Stops Linear Reg Intercept RSI
Average True Range Linear Reg R2 Schaff Trend Cycle
Awesome Oscillator Linear Reg Slope Shinohara Intensity Ratio
Balance of Power Lowest Low Value Standard Deviation
Beta MACD STARC Bands
Bollinger %b Market Facilitation Index Stochastic Momentum Index
Bollinger Bands Mass Index Stochastics
Bollinger Bandwidth Median Price Supertrend
Center Of Gravity Momentum Indicator Swing Index
Chaikin Money Flow Money Flow Index Time Series Forecast
Chaikin Volatility Moving Average Trade Volume Index
Chande Forecast Oscillator Moving Average Deviation Trend Intensity Index
Chande Momentum Oscillator Moving Average Envelope TRIX
Choppiness Index Negative Volume Index True Range
Commodity Channel Index On Balance Volume Twiggs Money Flow
Coppock Curve Parabolic SAR Typical Price
Detrended Price Oscillator Performance Index Ulcer Index
Disparity Index Pivot Points Ultimate Oscillator
Donchian Channel Positive Volume Index Valuation Lines
Donchian Width Pretty Good Oscillator Vertical Horizontal Filter
Ease of Movement Price Momentum Oscillator Volume Chart
Ehler Fisher Transform Price Oscillator Volume Oscillator
Elder Force Index Price Rate of Change Volume Rate of Change
Elder Ray Index Price Relative Vortex Indicator
Fractal Chaos Bands Price Volume Trend VWAP
Fractal Chaos Oscillator Prime Number Bands Weighted Close
Gator Oscillator Prime Number Oscillator Williams %R
Gopalakrishnan Range Index Pring's Know Sure Thing ZigZag
High Low Bands Pring's Special K
High Minus Low Psychological Line
ラインツール 文字入力
垂直線 長方形
水平線 楕円
フィボナッチ フリーフォーム
光線

しかし、「アラート機能がない」「チャートレイアウトを保存できない」「テーマや色設定を変更できない」というデメリットがあるので、MT4と使い分けると良いでしょう。

 

スマホ版「ウェブトレーダー」の特徴

ウェブトレーダーにスマホアプリはないため、iPhone・Androidではブラウザで利用します。

しかし、スマホの画面には最適化されておらず、動作保証もしていないため、ウェブトレーダーを使ったスマホ取引は止めたほうが良いでしょう。

 

スマホではチャートが画面からはみ出て見ることができません。

 

Titan FXのカスタマーサポート

ライブチャットは平日24時間対応

日本語対応 営業時間
コールセンター 平日7時〜15時
(ニュージーランドまたはアメリカ)
メール
ライブチャット 平日24時間
その他

 

カスタマーサポートは、コールセンター、メール、ライブチャットの3種類があり、全て日本語対応です。

日本語対応のコールセンターは平日7時~15時、ライブチャットはなんと平日24時間対応しています。

コールセンターの電話番号は2種類あるので注意してください。

 

Titan FXの情報サービス

豊富なマーケット情報

各種情報サービスは、公式サイトの「ニュース」メニューより「市場分析」「月間為替レポート」「経済ニュース(経済カレンダー含む)」「FXの基礎知識」「FXライフスタイル」の5つのカテゴリが無料で利用できます。

解説は初心者にも非常に分かりやすく掲載されているのですが、市場分析・月間為替レポート・経済ニュースは、現在更新がストップしています。(2018年6月時点)

「ニュース」のメニューに各種情報サービスがある

 

経済カレンダーは英字だが詳細情報が表示できる

 

Titan FXのキャンペーン・ボーナス

キャンペーン・ボーナスは一切なし

現在、Titan FXでは、キャンペーン・ボーナスは実施されていません。(2018年6月時点)

 

-海外FX

Copyright© 海外FXの始め方 , 2018 All Rights Reserved.