海外FX

クレジットカード・デビットカードで入金できる海外FX会社

投稿日:

海外FXは、口座開設まではあっという間にできたとしても、「資金の入金には時間とコストがかかるのでは」と、不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

現在、海外FX口座の入金方法といえば、クレジットカード・デビットカードが主流です。

クレジットカード・デビットカード入金は「簡単・手軽・安い・早い」が特徴の入金方法なので、口座開設後にすぐに資金を入金して取引できます。

この記事では、クレジットカード・デビットカード入金ができる海外FX業者と仕組み、そのほかの便利な入金方法や注意が必要な入金方法について解説していきたいと思います。

早くて簡単!クレジットカード・デビットカード入金ができる海外FX業者

まずは、海外FX業者の代表的な入金方法を比較してみましょう。

大きく分けると以下の5種類に分類できて、それぞれ手続きの簡単さ・入金手数料・口座反映時間・取扱業者が異なります。

主な入金方法
手続き 入金手数料 反映時間 取扱業者
FX業者 その他
クレジットカード
デビットカード
超簡単 無料 カード会社所定の手数料 即時 ほぼ全て
国内送金 簡単 無料 銀行所定の振込手数料数百円 数時間※ 一部業者のみ
海外送金 超面倒 無料 トータル4,000〜5,000円程度 3日以上※ ほぼ全て
WEBマネー 二度手間 無料 決済会社所定の手数料 即時 一部業者のみ
仮想通貨 簡単 無料 マイナー手数料など 即時 一部業者のみ

※銀行・FX業者営業日に限る

入金方法の特徴

  • 手続きは、クレジットカード・デビットカードが最も簡単
  • 入金手数料は、どこの海外FX業者・どの入金方法でも無料
  • 送金元のカード会社・銀行・決済会社で別途手数料が発生する
  • 口座反映時間は、海外送金が最も時間がかかる
  • 取扱業者は、クレジットカード ・デビットカード・海外送金が、ほぼ全ての海外FX業者できる

注目すべきはクレジットカード ・デビットカードの手続きが最も簡単だという点です。

クレジットカード ・デビットカードを持っている人だったらカード情報を入力するだけですし、入金手数料無料・口座即時反映・ほとんどの業者で利用可能と、最も実用性が高い入金方法といえるでしょう。

海外では、日常生活における利用は当然ながら、FXすら現金ではなくクレジットカードやオンラインウォレットを使った入金方法が一般的なんですね。

当サイトで紹介している海外FX業者は全てクレジットカード・デビットカード入金に対応しており、使えるブランドは次の通りです。

対応ブランド
AXIORY VISA
FBS VISA・Master
FxPro VISA・Master・銀聯
GEMFOREX VISA・Master・JCB・AMEX
HotForex VISA・Master
IFC Markets VISA・Master・JCB
iForex VISA・Master・Diners・JCB
IronFX VISA・Master・JCB
Land-FX VISA
Titan FX VISA・Master
Tradeview VISA・Master
XM Trading VISA・Master・JCB

※2018年10月時点

ただし、便利なクレジットカード・デビットカード入金も、次の点には注意してください。

カード入金の注意点

  • AML(アンチマネーロンダリング規定)により、基本的に入金方法と出金方法は同じ種類でなくてはいけない
  • いくら入金手数料が無料でも、一定額以下の入金には、別途数百円〜千円程度の手数料が発生する業者もある
  • クレジットカード・デビットカードの入金通貨と、海外FX業者の口座通貨が異なる場合は、為替レートにカード会社の手数料が上乗せされる、かつ為替リスクも発生する

また、次の理由からクレジットカード・デビットカード入金をする人は、オンライン決済サービスbitwalletのアカウントを作成し、一回でもいくらか資金を入金しておくことをオススメします。

bitwalletのオススメポイント

  • 手数料の高い海外送金で利益分の出金をしなくて済む
  • 業者に対応していないカードブランドでも入金できる

bitwalletについては、「カード入金をした人は、bitwalletアカウントも作ろう」で詳しく解説します。

 

カード入金はショッピング枠を利用した仕組み

クレジットカードは「後払い」なので、FX口座への入金に使うというと最初はなんだか不思議な感じがしますね。

その仕組みはとてもシンプルで、基本的に普段のショッピングで使うときと同じです。

ただ、出金をする場合には、金額やカード会社の締日との兼ね合いにちょっとした注意点があるので、ここではその仕組みについて解説します。

 

入金の仕組みはシンプル

クレジットカード・デビットカードを使った入金は、どちらも次のような仕組みで行われます。

カード入金の仕組み

ショッピング枠を使った一括払い

クレジットカード入金は、10万円入金すると10万円分のショッピングをしたことになり、カード会社の締日を過ぎると翌月以降の支払日に同額が引落としされる、といったお馴染みの仕組みです。

デビットカード入金も、10万円をデビットカードにチャージしてから海外FX会社に入金をすることで、デビットカードの残高が即時引き落とされ、代わりにFX口座の残高が10万円増える、といった至ってシンプルな仕組みです。

当然、どちらもカードの利用限度額以上は入金できません。

また、多くのクレジットカード会社では、海外でのショッピングは一括払いが基本です。

分割払いやリボ払いなどのローンは組めないので、クレジットカード・デビットカードどちらの場合も、しっかり元手資金は必要となります。

 

出金の仕組みはちょっと複雑

クレジットカード・デビットカードを使った出金は、どちらも次のような仕組みで行われます。

カード出金の仕組み

  • 入金額と同額まで = カードのショッピング履歴をキャンセル
  • 入金額を超えた部分 = 指定銀行へFX会社が海外送金

入金額と同額まで

「入金額と同額までの出金」とは、FX口座残高のうち、もともと取引資金だった部分を出金しようとすることです。

出金といっても、カード会社にあるショッピング履歴をキャンセルするだけなので、現金を手にすることはありません。

また、クレジットカードの場合、FX会社の出金処理にかかる期間やカード会社の締め日は異なるので、入金・出金のタイミング・指定する金額によっては、

  • その月の請求自体をキャンセル
  • 一旦、請求は確定し支払日に引落され、後日カード会社から返金

という2パターンがあるので、カード会社に登録している銀行口座の残高には注意してください。

出金額が入金額以上

「入金額を超えた部分の出金」とは、FX口座残高のうち、取引資金を使って稼いだ利益の部分を出金しようとすることです。

通常は海外送金で出金され手元に現金が得られますので、こちらの方がFX会社で資金を出金する際の一般的なイメージに近いと思います。

例えば、10万円の資金を取引で100万円にした場合、10万円分はショッピング履歴のキャンセル、90万円分が海外送金で出金され現金化できるということです。

よくよく考えれば当たり前のことですが、最初はちょっと戸惑ってしまうかもしれませんね。

ただし、利益分の出金には4,000〜5,000円程度の高い海外送金手数料が発生してしまうところがデメリットです。

これは、「カード入金をした人は、bitwalletアカウントも作ろう」で解説する方法で回避できます。

 

基本的にポイントはつかない貯められない

クレジットカードやデビットカードでショッピングをすると、カード会社独自のポイントが貯まりますが、海外FXの入金分に対するポイントについては、基本的に次の考え方となります。

海外FX入金分につくポイント

海外FX業者の入金に利用した分のポイントは、結局抹消されてしまう

先ほど解説した通り、クレジットカード・デビットカード入金は、出金額が入金額と同額まではショッピング履歴のキャンセルをするという仕組みでした。

カード会社の締日までに入金額以上の金額を出金した場合は、全額キャンセル扱いになるので当然クレジットカードのポイントを貯めることはできません。

カード会社の締日以降に出金した場合は、入金額と同額がクレジットカード会社の指定日に引落とされ、事実上ショッピングが確定したことになるので一旦はポイントがつきます。

しかし、その後FX業者で出金すると、カード会社で一旦引落とされた金額の返金処理が行われ、その際に取得したポイントもカード会社によって抹消されてしまいます。

つまり、出金のタイミングがカード会社の締日以前・以降どちらの場合でも、基本的に海外FXの入金額についたポイントは、結局は抹消されてしまうのです。

例外:ポイントを貯められるケース

ただ、例外として、出金方法にクレジットカード以外が選択できればポイントを貯めることができます。

実は、カード会社は利用から一年経過するとショッピング履歴のキャンセル処理ができなくなるため、出金時には強制的にそのほかの出金方法を選択することになります。

つまり、一年間出金を一度もしなければ、一旦取得したクレジットカードのポイントを抹消されることもないわけです。

ただ、その一年の間に、海外FX業者で取引実績があれば問題ありませんが、入金だけして一年間放置となると、「クレジットカードの現金化」を怪しまれ、カード会社から出金許可を得る必要が出てくるので注意してください。

しかしながら、一年間出金できないとなると、あまり実用的な方法とはいえませんね。

 

そのほかの入金方法

クレジットカード・デビットカード以外の入金方法は、次の通りたくさんありますが、ここではいくつか代表的なものを解説したいと思います。

そのほかの入金方法
国内送金 海外送金 WEBマネー 仮想通貨
AXIORY 三井住友銀行 Sparkasse Bank bitwallet Bitcoin
FBS bitwallet・PerfectMoney
BonsaiTraderなど
FxPro Euro Bankなど bitwallet・PayPal
fasapayなど
GEMFOREX 三井住友銀行 bitwallet・PAYFEE・STICPAY
PerfectMoneyなど
Bitcoin・Ethereum
HotForex bitwallet Bitcoin・BitcoinCash
IFC Markets ARMSWISS BANK bitwallet
iForex Mizrahi Tefahot Bank
IronFX 三井住友銀行 Unicredit Bank PerfectMoney Bitcoin
Land-FX 三井住友銀行 Bank of America bitwallet・STICPAY Bitcoin
Titan FX 三井住友銀行 National Australia Bank bitwallet
Tradeview Santander UKなど bitwallet・STICPAY
ecoPayz・OKPAYなど
Bitcoin・Litecoin
Ethereum
 XM Trading 三井住友銀行
りそな銀行
bitwallet Bitcoin

※2018年10月時点

 

便利な入金方法

ここでは、カード入金する人、あまりカードを使いたくない人、カードを持っていない人にオススメの入金方法を4つご紹介します。

ビットウォレット

国内送金

銀聯カード

仮想通貨

 

カード入金をする人は、bitwalletアカウントも作ろう

bitwalletが利用できる海外FX業者

iForex以外の業者

bitwalletとは、シンガポールのbitwallet社が提供する便利なオンライン決済サービスです。

無料でアカウント作成・利用ができて、口座反映は即時です。

海外FX業者での利用手数料は無料、bitwalletでかかるFX業者への送金手数料は100円程度です。

もし、手持ちのクレジットカード・デビットカードのブランドが対応しておらず、代わりにbitwalletに対応している業者であれば、bitwalletに非対応のクレジットカード・デビットカードで入金をして、海外FX口座に送金をすれば問題ありません。

bitwalletにクレジットカード・デビットカードで入金する際にも、bitwallet社の入金手数料が4〜5%発生しますが、それでも、他の入金方法に比べれば断然お得です。

bitwalletで利用可能なカードは、以下の5種類です。

VISA

MasterCard

Diners

Discover

AMEX

そのほかに、国内銀行振込・仮想通貨での入金に対応していない業者でも、bitwalletに対応していればbitwallet経由で入金すれば問題ありません。

また、クレジットカード入金をした人が利益を出金する場合に、bitwalletでの入金実績が1回でもあれば、手数料の高い海外送金ではなく手数料の無料のbitwallet口座に、bitwallet入金分と利益分を出金できるようになります。

手順は、bitwalletで少額入金して入金実績だけ作り、残りの大半の資金をクレジットカードで入金する感じです。

ただし、当サイトで紹介している業者の中では、iForexには対応していません。

iForexでクレジットカード・デビットカード入金をした場合は、利益の出金のたびに海外送金の高い手数料が発生するので注意してください。(ただし、10万円以上の出金の場合は、月3回まで無料)

マイページは、以下のような画面になります。

 

いつもの国内送金でも入金できる

国内送金が利用できる海外FX業者

海外FX業者の中には日本の銀行口座を所有し、日本人が普段使い慣れた国内銀行振込を使って便利・お得に資金を入金できるようにしてくれているところもあります。

手数料は送金元銀行の振込手数料を自己負担、口座反映時間は銀行・業者営業日であれば当日中です。

振込先は、主に三井住友銀行の口座が採用されています。

国内送金に対応していない業者の場合、多少コストは余計にかかってしまいますが、前述のbitwallet経由でも入金可能です。

 

銀聯カードも利用できる

銀聯カードが利用できる海外FX業者

海外FX業者の入金方法は本当に多彩で、FxProでは銀聯カード(ぎんれんカード、またはUnionPay)まで利用できます。

銀聯カードとは、中国上海の中国銀聯が発行するデビットカードのことで、日本のコンビニATMにも表示されているため、見たことがある人も多いかと思います。

日本においても三井住友カードが銀聯カードを発行しており、中国への出張や旅行の多い人に人気のカードです。

無審査で即日発行ができるため、VISAやMasterCardなどのクレジットカードが普及していない中国において、現金以外の決済方法として活用されます。

利用と同時に代金が口座から引落しされ、口座残高以上の買物はできませんが、海外で現地通貨を引出すこともできます。

そのほかのデビットカードと同様に、入金手数料は無料、口座反映は即時です。

 

仮想通貨でも入金できる

仮想通貨が利用できる海外FX業者

ここ最近では、仮想通貨の取引を扱う海外FX業者も増えてきました。

仮想通貨の入金に対応した業者であれば、個人ウォレットからでも送金可能です。

仮想通貨取引所の取引連結型のウォレットは、決済会社の処理の関係で送金できないところもあるので注意してください。

業者の入金手数料は無料、送金時にかかるマイナー手数料などは自己負担、口座反映は即時です。

手続きは、海外FX業者の会員ページで、送金先アドレスとQRコードを表示させて、そちらに送金するだけです。

口座通貨に設定している法定通貨に自動的に変換されるところや、そのまま仮想通貨として口座に資金を移すことができるところもあります。

仮想通貨に対応していない業者の場合、多少コストは余計にかかってしまいますが、前述のbitwallet経由でも入金可能です。

 

注意が必要な入金方法

海外FX業者の公式サイトを見ると、さまざまな入金方法のマークが表示されていますが、中には利用できないもの、コストが高いもの、不便なものもいくつかあるので、ここでは次の3つの入金方法について解説します。

ネッテラー

スクリル

海外送金

 

Skrill・NETELLERは利用できない

bitwallet以前は、海外FX業者への便利な入出金方法と言えば、イギリスのNETELLER(ネッテラー)、Skrill(スクリル)といったオンライン決済サービスでした。

しかし現在はどちらのサービスも、日本居住者に対してHA海外FX業者との入出金利用をほぼ停止しています。

もし、業者の公式サイトや会員ページに記載があったとしても、実際は利用できない場合が多いので注意してください。

経緯は、日本の金融庁による海外FXへの圧力の一つだと考えられています。

2015年8月にNETELLERがSkrillを買収、その後、Skrillは日本居住者の利用を全面停止、アカウント作成すらできなくなりました。

NETELLERは、オンラインカジノなどギャンブル性の高いもの以外であれば、海外FXやバイナリーオプションも引き続き利用できていましたが、これも徐々に海外FX業者自身で規制を始めています。

NETELLERは、FX業者との入出金以外の純粋な決済サービスとしてなら利用可能です。

 

海外送金は手数料が高い

海外送金は、電信送金と送金小切手の2種類があり、通常、海外FX業者への送金は電信送金が利用されます。

送金手数料はとても高く、送金元銀行とは別に中継銀行・受取銀行の2箇所でも発生し送金額から差し引かれ、通常トータルで4,000〜5,000円程度です。

口座反映も、早くて3日以上はかかると思ってください。

以下は、AXIORY日本円口座の送金先銀行情報ですが、指定しなければならない項目がたくさんあって手続きは大変面倒です。

また、業者によっては日本円口座に直接海外送金で入金できず、別途開設したドル口座へ送金してから、円口座に振替しなければならないなど、手続きも大変面倒です。

ほかの出金方法が利用できるのであれば、あえて海外送金を使う必要はないでしょう。

 

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FXの口座開設ボーナス比較

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

-海外FX

Copyright© 初心者のための海外FXの始め方 , 2018 All Rights Reserved.