海外FX

FxProの評価|評判・安全性について(エフエックスプロ)

投稿日:

FxProは、2006年に設立した海外FX業者の中でも老舗中の老舗企業です。

資本金1億ドル、従業員数200名超、外部監査が日本法人もある世界最大の会計事務所「PwC」、世界173ヵ国で610,000口座以上開設など、事業規模・経営基盤どちらも申し分ありません。

これほど長く世界中で事業を展開できる理由の一つに、各国の法律・規制を遵守することはもとより、自ら厳しい社内コンプライアンスを設けて、国際的な企業としての安全性・信頼性を重視している点が挙げられます。

また、イングランドを本拠地とするサッカークラブチーム「ワトフォードFC」や「マクラーレンF1チーム」のスポンサーを務めるなど、資金面でも一般的な海外業者とは一線を画します。

FxProは、健全なブローカーとしての盤石な体制が整っているといえます。

しかし、現状はそれがなかなか信頼性に結びついていません。

日本人トレーダーからは、2011年の日本からの一時撤退騒動によって評判を大きく落としており、スプレッドも広く、世界的にも価格操作やストップ狩りなどの悪評が目立ちます。

この記事では、そんなFxProのスペック・メリット・デメリットなどについて、詳しく解説していきたいと思います。

 

FxProの安全性

金融ライセンスは4カ国で取得

会社名 FxPro Financial
Services Limited
FxPro Global
Markets Ltd.
FxPro UK
Limited
FxPro Global
MarketsMENA Limited
所在地 キプロス バハマ イギリス ドバイ
金融ライセンス キプロス証券取引委員会
(CySEC)
バハマ証券委員会
(SCB)
英国金融行動監視機構
(FCA)
ドバイ金融サービス機構
(DFSA)
日本人口座開設 × ×
レバレッジ 最大30倍 最大500倍 最大30倍 最大50倍
ボーナスの有無 × × × ×
保証の有無 × ×

 

FxProグループは、キプロス・バハマ・イギリス・ドバイの4か国において金融ライセンスを取得し、サービスを提供しています。

日本人が開設できる口座は、CySECの規制監督を受けるキプロス口座、またはSCBの規制監督を受けるバハマ口座の2つです。

キプロスはEUへ加盟しているため、CySECは欧州証券規制当局委員会(CESR)のメンバーとして、MiFID(欧州金融商品市場指令)の規制・監督の役割を担っています。

そのため、欧州のFX業者に対する規制強化の影響を受けることにより、キプロス口座のレバレッジは最大でも30倍です。

一方、バハマ口座は最大500倍のハイレバレッジで取引できます。

この記事では、ハイレバレッジで取引可能なそのほかの海外業者と比較するため、基本的にバハマ口座について解説していきます。

運営会社 FxPro Global Markets Ltd.
所在地 バハマ
代表者 Charalambos Psimolophitis
金融ライセンス バハマ証券委員会(SCB)
設立 2006年
資本金 100,000,000ドル

バハマは、近年、海外FX業者から新たな本拠地として注目を集めており、米国や欧州の金融サービス会社が数多く拠点を構える国です。

GDPにおいては、金融業は観光業に次ぐ第2位となっており、バハマにとっては大きな収入源となっています。

議会民主主義は英国の法律下もとで制定され、マネーロンダリング規制はOECD(経済協力開発機構)のルールに則っており、国際的なビジネスの世界ではバハマを本拠地とする会社は信頼性が高く好意的に見られる傾向があります。

また、イギリス口座は登録基準が高いため取得が困難とされるFCAライセンスを保有しているので、グループ全体としてみても信頼性は非常に高い水準だといえます。

 

分別管理の徹底と信託保全を完備

FxProは、 バークレイズ・バンク・ピーエルシー、 バンク・オブ・アメリカ、ロイヤルバンク・オブ・スコットランドといった大手銀行において、業者資産・顧客資産を完全分別管理しています。

バハマ口座では、投資家補填ファンド(IFC)と呼ばれる海外FX業者同士が資金を出し合った基金に加盟しており、万が一、業者が倒産した場合には、損失を最大で2万ユーロまで補てんする仕組みを導入しています。

これは、国内FX業者でいうところの、信託保全スキームの役割を担っています。

 

信用失墜と低スプレッド競争からの脱落

海外のブローカーにとっては、日本市場は魅力的なマーケットです。

FxProも以前から積極的に日本市場開拓に乗り出していましたが、2011年4月にキプロス(CySec)からの指導を受け、日本人顧客へのサービスに制限を設ける必要性が出てきました。

結果的にFxProがとった対応は、日本居住者へのサービス停止とポジションの強制決済です。

ちょうどその頃は、東日本大震災後の混乱したマーケットによって、マイナスポジションを抱えたトレーダーが多い時期でした。

そして、この突然の撤退発表によって、多額の損失を回避することができなかったトレーダーからのクレームが多発。

日本人からの信頼はいっきに失墜しました。

2013年3月、FxProは再び日本市場でサービスを再開しますが、一度失った信用を取り戻すことは難しく、他社との低スプレッド競争にも後塵を拝しています。

また、FxProは入金ボーナスも一切提供していないため、新規顧客獲得にも苦戦を強いられているのが現状です。

日本市場からの一時撤退の代償は、非常に大きなものだったと言えるでしょう。

 

日本の金融庁から警告あり

FxProは、2013年6月に日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業等を行う者」として警告を受けています。

しかし、これはそれほど気にする必要はありません。

この警告は、日本語公式サイトを運営しているだけでも発せられてしまうので、いくら信頼性の高い海外業者であっても、そのほとんどが警告を受けているためです。

「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

 

FxProの口コミ・評判

次に、についての口コミ・評判の一部を見ていきましょう。

口コミ・評判の信ぴょう性について

トラブルを起こすトレーダーや悪い評判を流すトレーダーの中には、「詐欺を企てて失敗をしたトレーダー」「大きな損失を出したトレーダー」「うっぷんを晴らしたいトレーダー」「ルールを守る気がないためサポート対象外のトレーダー」もいるので注意してください。

 

国内はキプロス口座のレバレッジ規制に話題が集中

国内の口コミの多くは、時期的にもキプロス口座のレバレッジ30倍規制の回避策として「キプロス口座からバハマ口座への移管手続き」についての話題が多い印象でした。

これから口座開設する人は、最初からバハマ口座を開設すれば問題ありません。

基本的には、安心して取引できるハイスペックな業者という評価が多いのですが、一部に派手なストップ狩りにあったという報告もあります。

これについては、後述する海外の評判やFxProの取引形態の解説でも触れます。

入出金トラブルの報告は、特にありませんでした。

 

海外では価格操作についての悪評が目立つ

海外最大級のFX掲示板「FPA(Forex Peace Army)」では「」と、評判はイマイチです。

また、過去に報酬付きの偽レビューが散見されたこともあるようで、FPAからFxProに対して何度も警告が出されています。

FPAは、中立的な立場の掲示板であり、評価は一般ユーザーからのレビューに委ねられているため、FPAが業者に対してこのような対応をすることは異例です。

そのため、良い評価がされているレビューの信頼性は低いと考え、悪い評価を中心に見てみたところ、「レートが他社と大きく乖離することがある」「価格操作がある」「意図的なサーバー遅延によるスリッページがある」など、トレーダーの損失に関するレビューが目立ちました。

 

FxProの特徴・メリット・デメリット

MT4 MT5 cTrader
Market Instant Fixed
Spreads
取引コスト 口座開設
維持手数料
無料
取引手数料
(10万通貨あたり)
無料 片道4.5ドル
スプレッド 変動 9銘柄のみ
固定
変動
取引条件 取引形態 NDD STP
(マーケット決済)
NDD STP
(即時決済)
NDD STP
(マーケット決済)
レバレッジ 500倍
通貨ペア 69銘柄
最小取引単位 1,000通貨(0.01Lot)
最大取引数量 10,000Lot 制限なし
注文方法 ワンクリック・成行・指値・逆指値・IFD・OCO、IFO
両建て
取引ツール パソコン MT4
(Win・Mac)
MT5
(Win・Mac)
cTrader
(Win)
スマホ MT4
(iOS・Android)
MT5
(iOS・Android)
cTrader
(iOS・Android)
資金管理 マージン
コール
25% 40%
ロスカット 20% 30%
ゼロカット
入出金 初回入金額 500ドル
入金手数料 入出金方法により異なる
出金手数料
資産保護 分別管理
信託保全
サポート 電話 ◯(日本語サポート終了)
メール
チャット
その他 ×
デモ口座
ボーナス ×

このほかに「FxPro Markets」という種類の口座もありますが、こちらは新規受付は終了しています。

 

FxProのメリット

  • レバレッジ最大500倍
  • 通貨ペアが69種類と豊富
  • ゼロカット採用・追証なし
  • cTraderが使える
  • NDD STP方式による透明性の高い取引

FxProのデメリット

  • 日本語サポートが終了している
  • 即時決済の口座は相対取引
  • トータルコストは少々割高
  • ECN取引ができない

 

良い点は多いが、総合力は低い

基本的なスペックとしては、「レバレッジ最大500倍」「通貨ペアは69種類」「ゼロカット採用・追証なし」など、他社と比べても見劣りしません。

入出金に関しては、クレジットカード・海外送金・オンラインウォレットが利用可能、手数料は利用する入出金方法によって発生するという、海外業者ではごく一般的なサービスといえます。

プラットフォームは、MT4・MT5・cTraderの3種類から選択でき、NDD方式による透明性の高い取引が可能です。

ただし、5種類ある口座は、プラットフォーム以外にもスプレッド・取引手数料・決済方法が異なるため注意してください。

スプレッド 手数料 決済方式
固定・変動 マークアップ スプレッド幅
MT4 market 変動 あり 普通 無料 マーケット決済
MT4 instant 変動 あり 広め 無料 即時決済
MT4 Fixed Spreads 固定 あり 広め 無料 即時決済
MT5 変動 あり 普通 無料 マーケット決済
cTrader 変動 なし 狭い 片道4.5ドル マーケット決済

 

結論から申し上げると、この中でオススメなのはcTrader口座です。

cTrader口座は、その名の通りプラットフォームにcTraderが採用されています。

cTraderは、MT4・MT5を超えたとも言われる、優れた操作性と機能を兼ね備えたプラットフォームなので、これだけでもFxProを利用する価値はあるでしょう。

しかし、FxProには次にあげるようなデメリット・注意点があるので、総合力の高いオールラウンダータイプの業者ではありません。

 

他社よりも取引コストが少々割高

FxProは、取引コストが他社と比べると少々割高です。

具体的な金額の比較については、後述する「取引コストはcTrader口座が最もお得」で詳しく解説します。

ただし、同じFxProの口座同士で比較した場合、cTrader口座は取引手数料が片道4.5ドル(10万通貨あたり)発生しますが、マークアップがないためスプレッドは最も狭く、トータルの取引コストはその他の口座に比べ安く済みます。

MT4 Fixed Spreads口座は、9銘柄のみスプレッドが原則固定制、そのほかの銘柄・口座は変動制ですが、cTrader口座以外はスプレッドにそれほど大差はありません。

cTrader口座以外は、取引手数料が無料の代わりに、スプレッドにはマークアップが上乗せされているため、少々広めに設定されています。

マークアップとは?

マークアップとは、業者がスプレッドに上乗せした手数料のことで、直接業者の利益となるものです。

業者が利益を出す方法としては、「スプレッドにこのマークアップを上乗せして徴収する方法」または「別途取引手数料として徴収する方法」が一般的です。

イメージとしては、商品の値札に書かれている「税込・税別」の違いのようなものです。

 

ECN取引はできない

FxProの口座は、全て取引形態がNDD STP方式です。

そのため、NDD方式の仕組みの一つ「ECN取引」ができないという点はFxProの大きなデメリットです。

この2種類のNDD方式について簡単に説明すると、STPはLP(リクイディティ・プロバイダー)と呼ばれる金融機関との取引、ECNは他のユーザーとのオークション形式の取引です。

一般的には、どちらも業者のディーリングデスクが介入せず、注文は直接マーケットに流れる仕組みのことを差しますが、定義は業者によって異なる場合があります。

FxProも、口座の決済方法の種類が「マーケット決済」か「即時決済」かによって、次のような違いがあるので注意してください。

マーケット決済

マーケット決済は、STP技術により顧客の注文が直接LP(リクイディティ・プロバイダ)に流れます。

ただし、取引画面に表示されている注文価格と、実際に注文が確定する約定価格にズレが生じることで、スリッページやリクオートの発生が懸念されます。

しかし、業者の介入がないため、非常に透明性が高いシステムです。

マーケット決済の口座は、MT4 market口座・MT5口座・cTrader口座の3種類です。

即時決済

即時決済は、顧客の注文を一旦FxProがカバーします。

業者のディーリングデスクによる人為的な介入はないとのことですが、実際はSTP技術を使ったOTC(相対取引)なので、取引相手はFxProとなります。

即時決済の口座は、顧客の注文をFxProがカバーすることによって、スプレッドを固定にできたり、スリッページやリクオートを極力減らすことができるという点がメリットです。

即時決済の口座は、MT4 instant口座、MT4 Fixed Spreads口座の2種類です。

取引の透明性の高さを重視する人は、cTrader口座のようなマーケット決済の口座、反対に安定した約定力を求める人は、即時決済の口座が良いと思います。

ただ、この決済方式には、それぞれメリット・デメリットがあるので、どちらが良いかは一概にはいえません。

極端な話、利益を出すことができればどちらの決済方法でも問題ないでしょう。

 

日本語サポートが終了している

FxProの公式サイトは、とても見やすくほぼ日本語化されているため、日本人でもスムーズに口座開設できます。

しかし、現在のところ、電話・メール・ライブチャットによる日本人サポートは行われていません。(2018年8月時点)

そのため、口座開設後に何か問題が発生した場合のやり取りは、全て英語になるので注意してください。

 

FxProの口座開設から入出金まで

口座開設は簡単だが承認に時間がかかる

口座開設に必要なものは、次の2点です。

必要書類

  • 本人確認書類の画像データ
  • 住所確認書類の画像データ

手続き方法は、以下を参考にしてください。

所要時間は5分程度ですが、他社よりも必要書類の承認が完了するまでに時間を要するので、余裕を持って手続きするようにしてください。

口座開設手順

FXPro公式サイトTOPから進みます。

 

規制機関をCySEC(キプロス)・FCA(イギリス)・SCB(バハマ)から選択し、メールアドレス・マイページのパスワード(6文字以上)・氏名(ローマ字)・居住国を入力してください。

 

住所・郵便番号・生年月日・連絡先電話番号・国籍を英数字で入力します。

 

雇用状況・経済状況を入力してください。

 

収入源・資金源・送金元の国・送金予定学・米国納税義務の有無を入力してください。

 

取引経験を入力してください。取引知識はテストです。上記画像を参考に回答してください。

 

口座タイプ(プラットフォーム)・最大レバレッジ・口座通貨ベース・おサイフ口座の通貨を以下のリストから選択してください。

おサイフ口座とは、銀行の総合口座の役目を果たすものです。資金は一旦おサイフ口座に入金されたあと、自分でプラットフォームごとの取引口座へ分配して取引をします。

MT4 Fixed Spread はZARを選択できません。「MT4」はMT4 Market口座のことです。

 

「口座承認に際する必要書類提出手続きを今行う」の部分を「はい」にすると、本人確認書類と住所証明書のアップロード画面が表示されます。ファイルを指定してアップロードしてください。

 

メール購読の有無と、各種規約同意のチェックを入れ「完了」ボタンを押してください。入力項目は以上です。

 

マイページにログインすると、取引ツールのダウンロードが可能です。

 

取引ツールへログインするためのID・パスワード・サーバー名は、登録メールアドレスに届きます。

 

入出金にNETELLER・Skrillが利用可能

入出金方法 対応通貨 反映時間 手数料
入金 クレジット・デビットカード JPY、USD、EUR
GBP、AUD、ZAR
通常10分以内 無料
海外送金 JPY、USD、EUR
GBP、AUD、ZAR
1営業日以内 金融機関による
WEBマネー NETELLER JPY、USD、EUR
GBP、AUD、PLN
通常10分以内 無料
Skrill JPY、USD、EUR
GBP、CHF、PLN
出金 クレジット・デビットカード JPY、USD、EUR
GBP、AUD、ZAR
1営業日以内 無料
海外送金 JPY、USD、EUR
GBP、AUD、ZAR
金融機関による
WEBマネー NETELLER JPY、USD、EUR
GBP、AUD、PLN
無料
Skrill JPY、USD、EUR
GBP、CHF、PLN

 

入出金方法は、大きく分けるとクレジットカード・海外送金・WEBマネーの3種類が利用可能です。

FxProでは、「NETELLER(ネッテラー)」「Skrill(スクリル)」が、どちらも問題なく利用可能です。

「NETELLER(ネッテラー)」「Skrill(スクリル)」は、手数料無料で口座反映時間がほぼ即時のWEBマネーです。

この2つは世界的な規制の影響により、多くの海外業者で利用できなくなりつつあります。

手続きは、マイページから希望のサービスを選択し、画面の指示に従って進むだけなので比較的簡単です。

PayPalは現在利用不可(2018年8月時点)

 

FxProの取引条件とルール

通貨ペアは69種類

クロス円クロスカレンシー
AUD/JPY NZD/JPY
CAD/JPY PLN/JPY
CHF/JPY SGD/JPY
EUR/JPY USD/JPY
GBP/JPY
AUD/CAD GBP/CHF
AUD/CHF GBP/DKK
AUD/DKK GBP/NOK
AUD/NZD GBP/NZD
AUD/PLN GBP/PLN
AUD/SGD GBP/SEK
AUD/USD GBP/SGD
CAD/CHF GBP/USD
CHF/PLN GBP/ZAR
CHF/SGD NOK/SEK
EUR/AUD NZD/CAD
EUR/CAD NZD/CHF
EUR/CHF NZD/SGD
EUR/CZK NZD/USD
EUR/DKK USD/CAD
EUR/GBP USD/CHF
EUR/HKD USD/CNH
EUR/HUF USD/CZK
EUR/MXN USD/DKK
EUR/NOK USD/HKD
EUR/NZD USD/HUF
EUR/PLN USD/MXN
EUR/RUB USD/NOK
EUR/SEK USD/PLN
EUR/SGD USD/RUB
EUR/TRY USD/SEK
EUR/USD USD/SGD
EUR/ZAR USD/THB
GBP/AUD USD/TRY
GBP/CAD USD/ZAR
通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、DKK:デンマーククローネ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、PLN:ポーランドズロチ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、THB:タイバーツ、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

通貨ペアは、全口座69種類と非常に豊富です。

クロス円の種類も十分ありますし、トルコリラや南アフリカランドとの高金利通貨ペアもしっかり揃っています。

また、FxProでは通貨以外にも、先物・インデックス・貴金属・エネルギーなど、幅広いCFD商品を取扱していることも魅力の一つです。

 

取引コストはcTrader口座が最もお得

変動スプレッド口座固定スプレッド口座
MT4 Market
(pips)
MT4 Instant
(pips)
MT5
(pips)
cTrader
(pips)
AUD/CAD 2.91 3.1 2.72 1.38
AUD/CHF 3.21 3.22 3.1 1.16
AUD/DKK 37.5 40.3 39.32 16.2
AUD/JPY 2.61 2.82 3.49 1.07
AUD/NZD 4.09 4.14 3.44 1.37
AUD/PLN 42.54 45.35 11.2 28.45
AUD/SGD 23.97 25.85 28 10.76
AUD/USD 1.6 1.81 1.59 0.66
CAD/CHF 3.27 3.38 3.01 1.3
CAD/JPY 3 3.23 3.17 1.56
CHF/JPY 2.69 2.88 2.68 1.43
CHF/PLN 29.81 31.66 26.98 14.6
CHF/SGD 24.15 24.81 22.18 13.63
EUR/AUD 3.64 3.67 3.49 1.21
EUR/CAD 3.28 3.33 2.72 1.43
EUR/CHF 2.7 2.85 2.49 1.21
EUR/CZK 23.2 25.3 25.81 12.58
EUR/DKK 20.53 21 50.01 5.71
EUR/GBP 1.55 1.7 1.58 0.57
EUR/HKD 28.27 31.06 31.14 15.49
EUR/HUF 206.03 224.18 220.55 114.54
EUR/JPY 2.19 2.49 2.3 0.79
EUR/MXN 95.87 97.72 78.01 49.89
EUR/NOK 51.91 52.77 39.22 23.36
EUR/NZD 5.19 5.26 5.01 2.19
EUR/PLN 38.44 38.94 34.54 11.71
EUR/RUB 435.93 402.11 400.05 174.07
EUR/SEK 43.53 45.11 37.56 12.83
EUR/SGD 18.17 20.17 20.47 8
EUR/TRY 14.57 20.55 14.99 10.41
EUR/USD 1.39 1.55 1.52 0.45
EUR/ZAR 100.36 101.2 90.96 34.93
GBP/AUD 3.51 3.66 4.33 1.94
GBP/CAD 4.64 4.83 5.83 2.92
GBP/CHF 3.56 3.64 3.59 1.66
GBP/DKK 51.65 51.52 34.37 26.67
GBP/JPY 3.14 3.41 3.43 1.39
GBP/NOK 58.62 58.52 48.01 20
GBP/NZD 7.08 7.27 7.19 3.28
GBP/PLN 41.58 44.36 42.81 13.15
GBP/SEK 68.06 68.92 76.77 19.23
GBP/SGD 25.65 27.68 41 10
GBP/USD 1.95 2.17 1.93 0.74
GBP/ZAR 170.03 170.38 174.89 53.27
NOK/SEK 9.19 9.74 4.98 7.43
NZD/CAD 3.87 4.08 3.09 1.76
NZD/CHF 4.29 4.48 5.22 1.6
NZD/JPY 4.84 5.03 3.01 1.7
NZD/SGD 23.56 25.54 29 10.47
NZD/USD 2.22 2.35 2.35 0.86
PLN/JPY 5.22 5.79 4.36 3.74
SGD/JPY 20.25 22.25 26 12
USD/CAD 1.88 2.1 1.81 0.74
USD/CHF 2.09 2.25 1.93 1.2
USD/CNH 32.24 20.21 8.3 13.2
USD/CZK 36.56 33.53 33 11.89
USD/DKK 22.31 22.67 16.28 6.91
USD/HKD 24.47 26.42 25.91 3.11
USD/HUF 179.96 197.85 158.82 80.72
USD/JPY 1.4 1.64 1.57 0.53
USD/MXN 76.46 78.26 59.76 38.51
USD/NOK 48.89 48.77 30.76 20.98
USD/PLN 25.6 27.43 23.75 7.22
USD/RUB 417.64 401.89 400.05 128.74
USD/SEK 45.6 45.75 31.76 10.78
USD/SGD 20.93 22.89 22.53 7.59
USD/THB 8 8 4 4
USD/TRY 10.7 12.56 10.52 8.2
USD/ZAR 92 95.87 78.93 39.45
MT4 Fixed Spreads(pips)
AM8:00〜PM8:00
(UK Time)
PM8:00〜AM8:00
(UK Time)
PM9:15〜PM10:50
(UK Time)
異常市況
EUR/GBP 1.7 2 2.5 2.8
EUR/JPY 1.8 2.2 3 3.5
EUR/USD 1.6 1.9 2.5 2.7
GBP/JPY 2.7 3.3 4.5 5
GBP/USD 1.8 2.1 3 3.5
USD/CAD 1.8 2.2 4 4.5
USD/JPY 1.6 1.9 2.5 2.7
AUD/USD 1.7 2 4 4.5
NZD/USD 1.8 2.1 4 4.5

2018年8月7日時点の平均スプレッド

通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、DKK:デンマーククローネ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、PLN:ポーランドズロチ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、THB:タイバーツ、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

スプレッドは、cTrader口座が最も狭く、その他の口座はそれほど大差はありません。

強いていうなら、MT4 Fixed Spreads口座の固定スプレッド(9ペアのみ)が、相場急変時のリスク回避に利用できることぐらいです。

そのため、cTrader口座以外の口座については、固定/変動・プラットフォーム・決済方法を基準に選択したほうが良いでしょう。

しかし、前述した通り、他社の口座と比較した場合は全体的にトータルコストは少々割高です。

FxPro
MT4
Market
MT4
Instant
MT4 Fixed
Spreads
MT5 cTrader
取引手数料
(片道)
無料 無料 無料 無料 4.5ドル
USD/JPY 130円 150円 160円 130円 129円
EUR/JPY 200円 230円 180円 200円 209円
GBP/JPY 290円 330円 270円 290円 239円
EUR/USD 160円 180円 160円 150円 149円

 

XM AXIORY titan FX
スタンダード Zero スタンダード ナノ スタンダード ブレード
取引手数料
(片道)
無料 5ドル 無料 3ドル 無料 3.5ドル
USD/JPY 170円 120円 130円 96円 110円 107円
EUR/JPY 250円 170円 140円 106円 130円 137円
GBP/JPY 300円 150円 180円 146円 200円 177円
EUR/USD 180円 130円 120円 86円 120円 97円

 

上記は1万通貨あたりの取引コスト(スプレッドコスト+往復手数料)です。取引手数料は10万通貨あたりの片道の金額表示です。スプレッドは2018年8月7日17:00時点のもの。円換算は1ドル110円で計算しています。

 

売スワップが高い

買スワップランキング売スワップランキング
通貨ペア ロング
(円)
ショート
(円)
1位 USD/CHF 58 -114
2位 USD/JPY 37 -95
3位 NZD/CHF 30 -89
4位 AUD/CHF 25 -89
5位 GBP/CHF 25 -99
6位 CAD/CHF 19 -90
7位 NZD/JPY 16 -77
8位 AUD/JPY 10 -75
9位 USD/DKK 9 -145
10位 USD/SEK 9 -151
11位 CAD/JPY 3 -76
12位 AUD/DKK 1 -101
13位 GBP/JPY -1 -75
14位 NOK/SEK -3 -13
15位 SGD/JPY -3 -99
16位 USD/HUF -5 -131
17位 PLN/JPY -6 -32
18位 EUR/CHF -14 -47
19位 NZD/USD -16 -21
20位 USD/CAD -16 -45
21位 USD/HKD -16 -113
22位 NZD/CAD -19 -43
23位 USD/CZK -24 -88
24位 AUD/USD -26 -14
25位 USD/NOK -28 -106
26位 AUD/CAD -29 -38
27位 GBP/DKK -37 -140
28位 GBP/SEK -37 -148
29位 EUR/JPY -39 -25
30位 AUD/NZD -40 -23
通貨ペア ロング
(円)
ショート
(円)
1位 EUR/TRY -677 457
2位 USD/TRY -515 323
3位 EUR/MXN -413 198
4位 EUR/ZAR -366 166
5位 GBP/ZAR -369 139
6位 USD/MXN -284 97
7位 USD/ZAR -245 69
8位 EUR/USD -114 52
9位 EUR/RUB -448 44
10位 EUR/NZD -136 37
11位 EUR/AUD -123 25
12位 CHF/SGD -155 16
13位 EUR/CAD -119 14
14位 GBP/USD -86 12
15位 EUR/GBP -71 7
16位 EUR/SGD -161 4
17位 CHF/PLN -141 -1
18位 GBP/NZD -111 -4
19位 NOK/SEK -3 -13
20位 AUD/USD -26 -14
21位 EUR/PLN -144 -17
22位 GBP/AUD -96 -18
23位 NZD/USD -16 -21
24位 AUD/NZD -40 -23
25位 CHF/JPY -65 -24
26位 EUR/JPY -39 -25
27位 GBP/CAD -91 -30
28位 PLN/JPY -6 -32
29位 USD/RUB -316 -34
30位 AUD/CAD -29 -38

2018年8月7日の1万通貨あたりのスワップ(円)です。外貨建ては、ブルームバーグより配信された実勢レートをもとに円換算し、端数は切捨てしています。実際に付与されたスワップとは多少異なるので注意してください。

通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、DKK:デンマーククローネ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、PLN:ポーランドズロチ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、THB:タイバーツ、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

全体的にマイナススワップが多いのですが、売スワップの金額は比較的高い金額が付与されています。

取引する通貨ペアと相場の状況によっては、中長期トレードも「あり」でしょう。

 

ゼロカット採用・追証なし

FxProでは、プラットフォームによって、マージンコール・ロスカットが発動する証拠金維持率が異なります。

MT4では「マージンコール25%・ロスカット20%」MT5・cTraderでは「マージンコール40%・ロスカット30%」です。

また、全ての口座でゼロカットシステムを採用しているため追証がありません。

 

FxProの取引ツール・アプリ

取引ツール タイプ 対応機種・OS
MT4 ダウンロード Win・Mac
ブラウザ 汎用
アプリ iOS・Android
MT5 ダウンロード Win・Mac
ブラウザ 汎用
アプリ iOS・Android
cTrader ダウンロード Win
ブラウザ 汎用
アプリ iOS・Android

 

FxProの取引ツールは、MT4(メタトレーダー4)・MT5(メタトレーダー5)・cTrader(Cトレーダー)の3種類です。

いずれもスマホアプリがあるため、外出先でのトレードも問題ありません。

 

Macを利用している人は?

MT4・MT5はWindows専用ソフトですが、FxProではMac専用インストーラーをダウンロードできるため、Macアプリとして利用できます。

ただし、cTraderに関しては、「PlayOnMac」などのフリーソフトを使いMac上で動作させるか、ブラウザタイプを利用してください。PlayOnMacを利用した場合、文字化けや上手くインストールできないこともあるので、自己責任で利用してください。

 

MT4・MT5どちらも利用可能

 

MetaQuotes社が開発したMT4・MT5は、裁量取引・自動売買に特化しており、多くの海外業者のプラットフォームに採用されています。

最新バージョンであるMT5よりも、旧バージョンであるMT4を好んで利用するトレーダーも多いことから、新旧2つのバージョンを扱う業者も増えてきました。

ただし、FxProではMT4・MT5では取引条件が異なります。

MT4・MT5の詳細なスペックの違いはコチラの記事も参考にしてください。

 

cTraderには一部機能制限がある

 

cTraderは、MT4・MT5を超えたとも評価されているプラットフォームで、利用できる業者は海外でもごく限られています。

もともとECN取引専用に開発されたため標準で板情報を見ることができますが、FxProではECN取引ができないため機能は制限されています。

ただし、そのほかの機能・操作性・デザインは同じですし、自動売買も可能(MT4・MT5との互換性なし)です。

cTraderの詳細なスペックはコチラを参考にしてください。

 

FxProのカスタマーサポート

サポートは電話・メール・チャットの3種類(日本語対応不可)

日本語対応 営業時間
コールセンター × 平日24時間
メール
ライブチャット

 

カスタマーサポートは、電話・メール・チャットの3種類あり、基本的に平日24時間受付しています。

しかし、前述したとおり、日本語サポートは終了しているので、他社と比較するとサービスは劣ります。

試しに日本語でメールしてみたところ回答はもらえましたが、とても時間がかかり、さらに回答は全て英文でした。

考えられることとしては、日本の金融庁からの警告に対応し、日本語でコミュニケーションをしてはいけないというルールを新設している可能性があります。

もしそうであれば、法律・規制を重視するFxProの姿勢のあらわれであるともいえ、信頼性の面では評価できますが、他社のような柔軟な個別対応はあまり期待できないと思った方が良いでしょう。

 

FxProの情報サービス

動画セミナー・マニュアルが充実(日本語非対応)

取引ツールのマニュアルやセミナーなどは、全て動画で視聴可能です。

ニュースやブログで、専門家の市場分析や洞察、見通し、アラート、市場スナップショットも提供されていますが、日本語には対応していません。

オンラインウェビナー

 

取引サポートツールが充実(一部日本語対応)

FxProは、取引ツールやスマホアプリの充実もさることながら、サポートツールも便利なものが多く提供されています。

取引ツールを起動していなくても、ボラティリティ・経済カレンダー・マーケット情報を閲覧できるGoogle Chromeの機能拡張が利用できます。(日本語非対応)

 

また、テクニカル財務分析のリーディングプロバイダであるTrading Centralと提携しているため、MT4に専用のプラグインをインストールすることで、無料でTrading Central独自のフィナンシャルリサーチ・テクニカル分析にアクセスすることも可能です。(日本語非対応)

 

もちろん、重要指標の予想・結果などをチェックできる経済カレンダーも利用可能。(日本語非対応)

 

ロスカット・利益・手数料などの計算ツールは、日本語にも対応していてとても便利です。

 

FxProのキャンペーン・ボーナス

キャンペーン・ボーナス・キャッシュバックは一切なし

現在、FxProでは、キャンペーン・入金ボーナス・キャンペーンは一切実施されていません。(2018年8月時点)

-海外FX

Copyright© 海外FXの始め方 , 2018 All Rights Reserved.